実はおデブに見える?ぽっちゃりが黒コーデで注意したいポイント

投稿日:

ぽえみです。

色の中でも、黒は引き締めてくれます。

そのためぽっちゃりさんにとっては、頼もしい色!

しかし、使い方を間違えてしまうと、逆に太って見えてしまいます。

そこで黒コーデで気をつけたいことを紹介していきます。

スポンサーリンク

▼目次

特徴を把握しよう

黒は、青や赤のように色味(いろみ)がなく、明るさの度合いで表す色です。

色味の意味は、色の加減やズレがあること。

また小さく見えるので、収縮色(しゅうしゅくしょく)と言われてます。

そのため、着痩せコーデするには最適な色!

さらに黒には、高級・かっこいい・落ち着いているなどのイメージがありますから、上品な女性を演出してくれる色なのです。

こういった特徴があるからこそ、黒はぽっちゃりさんと相性が良いことを覚えておきましょう。

 

メリハリをつけないと暗い印象になる

太っている方にとって、黒は欠かせない色です。

しかしそんな黒にも、デメリットがあります。

それは、メリハリをつけないと暗い印象になるということ。

なぜかというと……

黒に頼り過ぎて、強弱がでないようにしているため!

これはぽっちゃりさんがやってしまいがちなコーデです。

つまり、他の色を活かせていないということ。

たしかに細く見えるような特徴を持つ色ですが、それは上手に使ってこその効果です。

「着痩せできるなら、とりあえず利用しよう!」といった考え方では、暗い印象があるコーデになってしまいます。

そのため黒を使うのであれば、黒×白・黒×赤・黒×黄色というように、明るく見えるような色を選んでみましょう。

無難な感じが良いなら、黒×紺や黒×灰色。

これなら黒と他の色でメリハリがつくので、暗い印象になりません。

また柔らかい雰囲気になるので、ガチガチになりすぎないコーデにも見えてgood♪

洋服で失敗しないためにも、色を上手に使っていきましょう。

 

軽く見せないと重たい感じに!

黒は小さく見える色ですが、それと同時に重たく見えやすいことがあります。

だから黒を使うときには、軽く見せることも重要。

これができないと、コーデが上手くいっても、「ダボッとしてる」or「変に見える……」という感じになります。

そのため、重たい感じを出さないためにも……

  • 手首や足元は見せる
  • 黒を使うアイテムはボトムスだけにする
  • アクセサリーで華やかさを取り入れる

着たら終わりではなく、このように考えましょう。

だからスッキリ見せるのであれば、肌を見せたほうがいいですし、バランスが良くないなら、自分が使いやすいものを取り入れるべき。

そうすることで、軽く見せることができます。

黒の良さを上手に利用するためにも、重たく見せないコーデをしていくことが大切ですよ。

 

色を使う際、メリット・デメリットがあります。

特に黒は、使いやすい分、失敗しやすい!

おしゃれな黒コーデをするためにも、注意すべきポイントは覚えておきましょうね。

-ぽっちゃりさんのコーディネート術

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2017 AllRights Reserved.