下半身をカバー!ぽっちゃりが知っておきたい黒パンツコーデについて

投稿日:

ぽえみです。

様々なファッションアイテムがある中で、簡単にコーデをやりやすいのが『黒パンツ』。

さらにキュッと細く見せやすいため、ぽっちゃりさんにとっては欠かせないものです。

そこで、これから上手に使っていきたい方向けに、黒パンツのコーデを紹介!

ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク

▼目次

黒パンツの特徴

黒パンツの特徴は、下半身のカバーをしやすいこと。

なぜかといと、黒は引き締めて見せる『収縮色(縮んでいるように見せること)』だからです。

そのため、太っている人が履くと相性が良いのです。

また黒いパンツのコーデは、どんな色でも似合いやすいので、難しく考えることなく組み合わせが可能。

だから誰でも簡単にオシャレなファッションを目指せます。

しかし、そんな黒パンツでも、黒一色のコーデ・大きすぎるサイズの黒パンツなどはチョイスしてはいけません。

色の組み合わせと適度なフィット感が重要となるので注意して下さい。

デメリットはありますが、メリットのほうが多いので、ぜひ上手に使っていきましょう。

 

足を細く見せたい場合

黒パンツで足を細く見せたい場合は、2つ。

それは、

  • スキニー
  • テーパード

これらのアイテム。

1つずつ説明していきます。

スキニー

足を細く見せることを重視したいなら、スキニーは持っておきたいアイテム。

締めつけ感が強いので、ギュッと足を綺麗に見せてくれます。

ピッタリとくっつくスタイルのため、トップスは長めにすると◎。

上下のバランスを考えてコーデしていくと良いですよ。

テーパード

下半身のシルエットを美しく見せたいなら、テーパードがあります。

足を締めつけるというより、ゆるやかに下に落ちていくのが特徴です。

そのためトップスは、スッキリとしたデザインにすると◎。

見た目がスキニーより「ダサい」と思うかもしれませんが、足のラインを強調しないので、太っている人にとっては使いやすいアイテムです。

また、タック入りといった技法が使われているテーパードにすると、さらに足をスラッと見せてくれますよ。

 

黒パンツで細く見せたい場合は、「ギュッと締めつけるか?」or「ゆるやかに履くか?」という2つに分かれます。

方向性は違いますが、どちらも便利なので、あなたのファッションスタイルに合わせると良いでしょう。

 

下半身を隠したい場合

スッポリと下半身を隠したいなら、スキニーやテーパードは不向きです。

そこで……

  • ガウチョパンツ
  • ワイドパンツ

2つあります。

それでは詳しく説明していきます。

ガウチョパンツ

裾の広がりがあるガウチョパンツは、動きやすいのが特徴。

細く見せるパンツと違い、履きやすくてゆったりしています。

ただしボリューム・黒色特有の暗さがあるので、トップスは軽く見せないといけません。

そのため、シンプルなシルエットのトップスを選び、アクセサリーを使って明るく見せましょう。

黒のガウチョパンツは、少々難易度は高め。

自分と似合いそうになければ、ネイビーといった他の色のガウチョパンツを考えるのもアリです。

ワイドパンツ

ワイドパンツは、ストレートよりも幅を広くしたアイテムのこと。

ガウチョパンツのほうは、広がりが特徴的ですが、ワイドパンツは太さがあります。

そのため、ガウチョパンツのシルエットが苦手な方は、ワイドパンツを選ぶと◎。

下半身の大きさを拾わないのですし、黒なら引き締め効果もあります。

しかしワイドパンツもコーディネートの組み合わせがポイントになってきます。

つまり黒と似たような色をもってきてしまうと、野暮ったく見えて逆効果に!

近い色を使いたいのであれば、ヒールのある靴を使う・軽く見える生地などにすると良いでしょう。

 

隠すといっても、それぞれ特徴を持っています。

ポイントは、「あなたがどういうシルエットを使ってカバーしたいか?」ということ。

ボリュームがあるので、コーディネートするときは注意して使って下さいね。

 

黒パンツだけでも、さまざまなアイテムがあります。

ただボリュームがあるアイテムは、コーディネートのバランスを考えないといけないので、ガウチョパンツやワイドパンツは、「すっごい簡単!」ではありません。

そのため、あなたの持っているファッションアイテム・好きなスタイル・やりやすいコーデなど、それぞれ照らし合わせていくことが大切。

ぜひ黒パンツを上手に使って、下半身の着痩せコーデをしていきましょう。

-ぽっちゃりさんのコーディネート術

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.