大きいサイズの洋服を昔はどのように探していたのか

投稿日:

ぽえみです。

インターネットで様々な商品を探して、買うことが出来る。とても便利な時代になりましたね。

それでは、まだインターネットが普及していなかった時はどうしていたのでしょうか?

今回は『大きいサイズの洋服を昔はどのように探していたのか』というのがテーマです。

自分から探しに行く

私が聞いた話ですが、昔は電車に乗って都心まで行ってお店で探したということでした。

今と違うことがよく分かりますね。

自分でお店を見つけて、そこから自分に合うサイズの洋服を探す。これを繰り返して洋服を買っていたと苦労話もしてくれました。

私も洋服を探すのには時間が掛かって大変ですが、これは『昔でもあった』というわけです。

昔は可愛い服があまりなかった

さらに話してもらって分かったのは、『可愛い服』があまりなかったということです。

それは実年齢より年上に見えてしまうような服だったからとのことでした。

その為、今の大きいサイズのファッションを見ると「可愛い洋服がたくさんある!」と感じるそうです。

このような話を聞けて私は、昔と今がどの様に変化したのかが分かりました。これを読んでくれた皆さんにも少しでも伝わっていたら嬉しいです。

以上、『大きいサイズの洋服を昔はどのように探していたのか』でした。

-ぽっちゃり女子の体験記

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.