太っていても、ぽっちゃりでも運動は出来る

投稿日:

ぽえみです。

私は体育の授業が苦手で、数学と同じくらいどんより気分になっていたのを思い出します。しかし、別に運動が嫌いなわけではありません。見た目でどうしても苦手な印象を受けがちになってしまいますけど、私と同じようにぽっちゃり体型でも元気に運動している人もいました。

今回は、私の昔話を混ぜながら『太っていても、ぽっちゃりでも運動は出来る』というのがテーマです。

太っている理由はそれぞれある

まず私は、それぞれ太ってしまった理由は違うと思います。

もともと太っている人もいれば、途中から太ってしまった人・病気などが原因で太ってしまった人など結果は同じでもその過程は1つ1つ違う。さらに考えると『とある部分(太ももや二の腕など)が太ってしまって悩んでいる』という風に枝分かれしていくわけです。

つまり、太ったというのは言葉にするとシンプルですが考えれば考えるほど底なし沼みたいなものでネガティブになりやすいとも思えるのです。

では、どうすれば良いんだろう?そうなりますよね。

相手と比べない。自分を見つめる

学生時代の私の周りには細身の人もいれば、同じようにぽっちゃり体型の人もいました。

そして仲良く交流し、時には切磋琢磨する。体格に違いがあっても自分の夢を追いかけていく逞しい人達でした。そしてそこに体型は関係なかったのです。

ただ、私の昔話なのですべてが同じだとは思っていません。体型というのは、すぐに目で見えてしまうわけですから『すべてが良い方向』とはいかないでしょう。

しかし、自分自身を見つめることは出来ると思います。

それが運動であれば『スケジュールを作りこなしていく』という様に、トライ&エラーを繰り返していけばよいのです。

誰でも失敗はあります。ぽっちゃり体型でも前を向いて歩きだせるんです。

体育祭で活躍できた

これまた学生時代になりますが、障害物競争に出た時のことでした。

自分は走るのが遅かったので「障害物競争なら大丈夫かも……」と思いながらエントリーしました。ですが、周りは速そうな人達ばかりでドキドキしながらも、障害物を越えて行きました。

そしたら意外にも他の人達は障害物でなかなか進めない状況になる人が多く、私は1位を取ることが出来たのです。これには驚きましたが、何よりも色んな人達から「すごいじゃん!」と言われたのが嬉しかったです。

そして『運動が苦手でも、自分には出来ることがあるんだ』と感じたのです。

長い話になってしまいましたが、こういった考え方があるということです。

 

そして運動する際は無理をせずに行いましょうね。

以上、『太っていても、ぽっちゃりでも運動は出来る』でした。

-ぽっちゃり女子の体験記

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.