ぽっちゃり向け!スカートのはき方は3つのルールで覚えよう

投稿日:

ぽえみです。

スカートを買っても、「数回しか履いてない」という方がいます。

これって結構、あるあるですよね。私もよく聞きます。

つまり、買う時には「これを履いてオシャレするぞ♪」みたいな気持ちがあっても、

  • 「履きたいけど、コーディネートが思い浮かばない」
  • 「なんだか履くのが面倒だ」
  • 「あの時、どうして買ったのだろう……」

買った時よりも、スカートを履こうとする気持ちが消えてしまうんですよね。

これだとお金がもったいないし、使わないスカートが増えてしまいます。

そこで、ぽっちゃりさん向けのスカートの履き方を教えちゃいます!

困っているあなた、ぜひ参考にしてスカートを楽しく履きましょう♪

▼目次

ぽっちゃりがやってしまうスカートNG集

ぽっちゃりさんがやってしまうスカートでのNG。

代表的な例をまとめたので、あなたもチェックしてみて下さい。

  • 脚を隠そうとする
  • スカートのシルエットを考えたことがない
  • マキシスカートを履く傾向がある

上3つが、主な具体例です。

では、なぜNGなのか?理由を説明します。

脚を隠そうとする

まず、脚を隠そうとすることはいけないことではありません。

しかし脚を全部隠してしまうと、重たそうに見えてコーディネートとしてはNG。

『膝下』を見せると軽く・メリハリがつくようになりますよ。

スカートのシルエットを考えたことがない

スカートには、シルエット(形)があります。

そのためシルエットを考えながら、ぽっちゃりに向くスカートを探した方が、失敗しないで済むのです。

基本的、太い脚をカバーしてくれるスカートを選ぶのが良いでしょう。

ベストなのは、ふんわりとしたフレア

歩くたびに、一緒にふわっと揺れるので、ぽっちゃりさんでもOKです。

マキシスカートを履く傾向がある

オシャレは自分が楽しむものですから、好きな洋服を着ても良いのです。

ただ、マキシスカート(くるぶしよりも長い)を履く傾向があるなら、一度考えてみた方がよいかもしれません。

なぜかというと長いスカートは、脚を隠してしまうからです。

ぽっちゃりさんが似合うコーディネートは、程良く肌を見せること

そのため、くるぶしまでカバーしてしまうマキシスカートとは相性が良くありません。

ただし、ウエストにベルトを巻く・アクセサリーで視線を上にするなどの重心を上げるテクニックがありますから、マキシスカートを履きたい方はこれでもOKですよ。

ぽっちゃり向けのスカートは?

それでは、ぽっちゃりさん向けのスカートはどういったものなのか?

NG集でも少し書いていますが、『膝丈のフレアスカート』が良いでしょう。

特にウエストゴムにすれば、ぽっちゃりさんでも体型を気にせずに履くことができます。さらにお腹が苦しくならないのもポイントですよ。

「ウエストゴムはダサい」と思わないで、活用できるものは活用して下さいね。

ちなみに、ギャザーやプリーツ(ひだ・折り目のこと)などがあると、より動きに立体感がでてgood♪

はき方のポイントは『重すぎない』

重すぎないというのは、全体を軽く見せるということ!

文章だけ読むと、難しいと感じてしまうかもしれませんが、動きのあるフレアスカートにする・膝丈のスカートを選ぶといったことで良いのです。

短いスカートを履くことは、ぽっちゃりさんにとって勇気がいることですが、履いてみると「似合ってた♪」みたいなことが多くあります。

だからチャレンジすることも大事なのです。

 

スカートは女性らしさを演出してくれる素敵なファッションアイテム!

だからこそ、はき方をチェックしておくとコーディネートの幅が広がります。

ぜひ、スカートのはき方をマスターして下さいね!

-ぽっちゃりさんのコーディネート術

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.