「ぽっちゃり=おばさんコーデ」にさせない!デブ向け解決策のまとめ

投稿日:

ぽえみです。

ぽっちゃりさんがコーデする場合、おばさんコーデになってしまうことがあります。

これではオシャレをすることに、楽しさ・自信を無くしてしまいます。

そこで、おばさんコーデにさせない解決策を紹介!

ぜひチェックして下さいね。

おばさんコーデになる原因も読めますので、興味がある方はどうぞ。

おばさんコーデになる原因とは?!ぽっちゃりがチェックしたい4選

ぽえみです。 ファッションコーデをすると、「おばさんっぽいスタイルになってしまった……」ということはありませんか? また直接言われてしまい、ショックを受けた方もいるはず。 こういった悩みを解決するには ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼目次

年齢に負けないアイテムを取り入れよう

おばさんコーデになる原因の1つは、年齢による肌のくすみです。

そのため、洋服の選び方やコーデだけではなく、年齢に負けないアイテムを追加してあげることが大切!

具体的には……

  • キラキラと輝くアクセサリー
  • 光沢がある素材の小物

このようなアイテムになります。

特にアクセサリーは、小さめよりも大きいのにして目立つようにすると◎。

また、シルバーよりもゴールドといった金色で華やかにするとgood!

ゴールドが苦手なら、大粒のパールでも大丈夫です。

アクセサリーを使うことによって、おばさんコーデを簡単に解決することが可能です。

また、スカーフやストールといった小物も有効です。

ただ素材は、光沢があるレーヨン・サテンなどを選びましょう。

巻くことを考えるかもしれませんが、そのまま首から垂らすだけでOK!

肌の衰えに負けないようにすれば良いので、シンプルな使い方で問題ありません。

光るアイテムは、おばさんコーデにさせない重要な方法です。

アクセサリーや小物が苦手な方でも、1つ加えるだけで良いので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

長い丈で隠すときは『簡単コーデ』で終わらせない!

チュニックといった長い丈のアイテムに頼り過ぎてしまうと、おばさんコーデになりやすいです。

そのため長い丈でコーデするなら、他の部分で工夫をすることが必須!

つまり、簡単で楽なコーデで終わらせるのではなく、あなた自身でプラスしてあげるのです。

簡単コーデにさせないコツは、

  • トップス⇒ウエストマークを作る
  • パンツの丈⇒クロップド丈やサブリナ丈
  • 靴⇒ヒールがあるのを選ぶ

以上、3つ。

どれか1つでも加えてあげるだけでも、雰囲気が変わってくるはずです。

だから全部やらなくてOKです。

そしてコーデする際に気をつけたいのは、黒のレギンスです。

組み合わせるのに楽ではありますが、1つに絞るのはよくありません。

クロップド丈(6~7分丈)やサブリナ丈(8~9分丈)といった、足の肌を見せる丈の長さも選択肢に加えましょう。

丈の長さが違うだけで、コーデの雰囲気が変わってきますよ。

チュニックといった隠してくれるアイテムを使うと、どうしても簡単なコーデになりやすいです。

また体型カバーを意識しすぎると、おばさんコーデになりやすくなるので注意して下さいね。

 

柄物を選ぶポイント

ぽっちゃりさんなら、柄物を選ぶときは注意しておくべきです。

なぜかというと、おばさんコーデになりやすいため。

例えば可愛い花柄でも、あなたが似合わないと、最悪の場合、パジャマに見える可能性があるのです。

そのため、おばさんコーデにならないためにも選び方を学ぶ必要性があります。

柄物のポイントは、

  • コーデが苦手なら⇒モノトーンで攻める
  • 可愛い花柄が好きなら⇒小さな花柄を選ぶ
  • 柄の色を決められない⇒濃い色をメインにする

この3つです。

コーデを考えるのが苦手な場合は、黒と白のモノトーンで作られた柄物が良いでしょう。

「色が地味」と思うかもしれませんが、引き締めてくれる黒とメリハリが出る白で、大人のファッションコーデが可能です。

また花柄が好きな方は、小さめにすると◎。

ビックサイズの柄にしてしまうと、柄のせいで太って見えるので注意!

そして「柄よりも色が決められない」というなら、濃い色をよく使っているアイテムを選びましょう。

つまり数字で考えると……

紺:白⇒8:2

このように、引き締めてくれる色のほうが面積を占めているということ。

また色の数は2色~3色までにして、ゴチャゴチャさせないようにします

色は多くなりすぎるとコーデが難しくなるので気をつけましょう!

ちなみに、白を主役にすると、柄にもよりますが太ったおばさんコーデになる可能性が高くなります。

「なんとなく可愛い」とか「なんとなく似合いそう」という気持ちで決めてしまうのではなく、必ず柄物は「なぜ、この柄が良いのか?」という部分を考えましょう。

これが、おばさんコーデを解決する1つの策なのです。

 

カーディガンと相性が良いものについて

ぽっちゃりさんがカーディガンを着たときに、相性が良いものを紹介します。

コーデによって変わってきますが、ぜひ参考にして下さい。

  • トップス⇒柔らかい素材(対になるもの⇒はりのあるブラウスなど)
  • ボトムス⇒足首が見える丈
  • アクセサリー⇒長くて華やかなもの

カーディガンでおばさんコーデにならないポイントは、ダサくならないように、素材や丈などにも意識すること。

色も確かに大切ですが、それだけだと「カーディガンのことしか考えていない」状態なのです。

だからカーディガンの質感と合わず、おばさんコーデに!

なるべくトップスは、カーディガンの素材と似たようなものにして、ボトムスはメリハリ感を出すようにしましょう。

それでもコーデに違和感があれば、アクセサリーを使ってカバーすれば良いのです。

カーディガンの色は、決められなければグレーが◎。

無難な色ですが、使いやすいですよ。

カーディガンは、羽織るだけなので簡単です。

しかし、「オシャレにならない」・「上手くいかない」といったことが起こりうるアイテム。

このことを覚えておきましょう。

 

ぽっちゃりさんが、おばさんコーデにならない解決策は色々あります。

そのため、あなたに合った方法からやっていくと良いでしょう。

ぜひ、今回のことを活かして下さいね。

-ぽっちゃりさんのコーディネート術

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.