目からウロコ!ぽっちゃりのパンツコーディネート4つの解決法

更新日:

ぽえみです。

実はファッションコーディネートでも、ぽっちゃりさんには『ぽっちゃり向け』のコーデ術があります。

その為、ぽっちゃりさんに向かないコーディネートをすると太って見えて残念なことに……

今回は、ファッションの中でも『パンツをメインにしたコーデ術の解決法4つ』を紹介します。

ぜひ、参考にしてオシャレとスタイルアップを目指して下さいね。

スポンサーリンク

▼目次

テーパードパンツを着こなす

テーパードパンツは、裾に向かって徐々に細くなっていくズボン。

ポイントとしては、太ももはゆるくても裾が細くなっていくシルエットなら脚を細く見せてくれます。

さらに足首を見せるようにすれば、脚長効果もアリ。

テーパードパンツは細く見えるので、ぜひトライ!

ウエストゴムにすれば、履き心地が良くて楽になります。

圧迫されるのが苦手な方は、ウエストゴムにしてみると◎。

注意する点は、ゆとりのあるパンツでは『ダークな色でメリハリ』をつけること!

色を選ぶ時は、意識してみましょう。

 

スキニーパンツは1本持つべき

スキニーパンツは、ロングトップスや大きいトップスと相性が良いです。

色は濃い色のインディゴカラーにすると着回しが出来て、引き締まって見えます。

そのため、色が決められない方は、インディゴカラーにしてみましょう。

ウエストはゴムでもOK!履き心地が大事です。

さらにストレッチ素材なら、履いても快適なので素材にもチェック!

そして丈は足首が見えるとスタイルが良く見えます。

スタイルアップしたいなら、丈の長さも重要ですよ。

 

黒いパンツはぽっちゃりの味方

実は、太ももをカバーしてくれるのは『黒いパンツ』です。

黒は引き締めカラーなので、太ももが気になる方に向いています。

パツパツ感が出て履かない方もいるかもしれませんが、引き締めてくれる色なので脚を細く見せてくれます。

下記は黒いパンツと合わせる場合の例です。

  • Vネックトップス
  • シャツで腰巻き

Vネックトップスは襟・裾とラインがあると引き締め効果がアリ♪

さらに腰巻きはシャツを巻くだけで、太ももの周りをカバー出来るので簡単に出来ます。

パツパツ感にどうしても苦手意識がある方は、タック入りパンツにするとお尻から太ももがゆったりして◎。

覚えておきたい重要なポイントになっています。

 

パンツを履く時のNGとOKをチェック

ここでは、ゆるめのパンツとスキニーパンツを履くときのNG&OKをまとめました。

まずは、ゆるめのパンツを履く場合です。

ゆるめのパンツの場合

ゆるめのパンツに柔らかいトップス(ふわっとしたロングカーディガンのこと)で合わせてしまうと丸く見えます。

これでは着膨れしてしまうので、NG。

そのため上を選ぶ時は、ハリのあるジャケットにしましょう。

この部分を変えるだけでも細く見えます。

ジャケットで全体をシャープにするとgood♪

丈は腰ぐらいの長さで、ロングにしないこと!

さらにジャケットでは、袖を巻くとより良いスタイルになりますよ。

スキニーパンツの場合

タイト(引き締まった)パンツの場合、上半身も同じようにピチッとしたもので合わせると無理にフィットしたスタイルになってNGです。

特にハイネックにしてしまうと上の面積が広がってしまうので、ぴったりニットは避けるようにして下さい。

スキニーパンツと合わせるならVネックのロングニットが良いです。

お尻をカバーしてくれるので、気になる部分を隠すのに最適!

長いニットと相性抜群で、体型カバーも可能!

また、ストールやロングネックレスをつけて縦のラインを作ると着痩せコーデになってgood♪

縦ラインを強調し、上下にメリハリをつけることで、より綺麗に見せることが出来ますよ。

 

パンツのアイテムによって、コーディネートは違ってきます。

だからそれぞれの特徴を掴むことで、トップスとの合わせ方を変えることがポイント。

ぜひマスターして、オシャレのステップアップをして下さいね。

-ぽっちゃりさんのコーディネート術

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.