おデブ女の試着あるある!Mサイズ(ワンサイズ)を着た時の悲しい話!

投稿日:

ぽえみです。

洋服を買うときに重要になってくるのが、試着!

通販では試着ができない分、自分にフィットするアイテムをゲットできるので、まさに実店舗で買うメリットの1つですよね。

それで今回は、おデブな私が試着したときにあった話を紹介します。

ぽっちゃりさんなら、「あるある~」となるはずなので、ぜひ読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

▼目次

太っているけど、店員から「着てみますか?」と言われる

私が普段着ているサイズは、LやLL(XL)なので、太っています。

それでお店に買い物に行くと、「これ良いな~」と思ったアイテムがあれば、ついついお店の中へ……。

でもそのお店が絶対、大きいサイズを揃えているか(例:在庫の有無)は分かりませんよね。

 

ある日、冬物のアウターが欲しくて探しに行ったら、とあるお店で可愛いアイテムを発見しました。

それが欲しくて、近寄った私は、店員に声を掛けられました。

 

店員:「それ可愛いですよね~試着もできますよー」

私:「あ、ありがとうございます」

 

正直、店員に声を掛けられるのは苦手だけれど、試着をしたいという気持ちがあれば、こちらから声を掛ける勇気はあります。

ですが、そのアウターのサイズを見てみると……

 

私:「これMサイズだ……」

 

色違いもありましたけど、どれもMサイズしかなくて、少しずつですが、「諦めたほうがいいのでは?」と思ってきました。

でも店員は私に声を掛けて……

 

店員:「こちらの商品はMサイズで、ワンサイズしかないんですけど、ゆったりとしているので、お客様でも着られますよー」

 

商品の魅力を伝えつつ、私にでも着られること(※売るためでしょう)を話してくれました。

こうして私は着てみることに!!

 

結果、確かに着られたけど二の腕がキツキツ、重ね着なんかしたらアウターは着られません。

さすがに試着して確認ができたから、「他で探してみるか……」なんて考えていると、店員は私に声を掛けてきました。

 

店員:「お似合いですね~このアイテムとっても人気なんですよ♪」

私:「そ、そうなんですか」

店員:「しかも冬物のアウターなのに軽いし、手触りも良くて、オススメです!」

私:「たしかに軽いですね」

店員:「そうですよね!他にも似たようなアイテムもありますから、着てみますか?」

私:「じゃあ、試しに……(このアウターが欲しかったよ)」

 

結局、似たようなアイテムも着てみましたが、自分が欲しいと思っていた物とは違っていたので、買うことはありませんでした。

そうして悲しい気持ちと購入できなかったショックを持ったまま、そのお店から出ました。

 

私としてみれば、試着したアイテムのサイズが選べたら絶対に買っていました。

でも可愛いアイテムがあるお店を発見できたので、「ここは覚えておこう」と決めましたね。

だって、トップスのLや大きめのサイズがあればゲットできるかもしれないからです。

ちなみにその後、他のお店を見て回り、似たような可愛いアウターをGUで見つけて、購入しました。

これが実店舗の便利な所ですよね。

 

「可愛いな」と思っている洋服ほど、ワンサイズ……

おデブな私が語るのもどうかと思いますが、実店舗で買い物しようと思ってサイズを見ると、大きめのサイズ・ゆったりサイズもあるけど、可愛いものほどMサイズやワンサイズが多いような感じがします。

でもそういう所って、おデブ向けのショップではなく、標準体型の女性向けなんですよね。

だからショップ・ブランドに問題があるんじゃなくて、選ぶ方がもっと選択肢を持つべきかと……。

それこそ通販だってありますし、ぽっちゃりサイズの専門店やコーナーがあるわけで。

ぽっちゃりといえど、『オシャレをするためには楽な方法はない』ということです。

 

「これなら大丈夫!」と試着したら、太ももで引っかかる

ちなみに私は試着で、「Lサイズでウエストゴム、ゆったりシルエットだし大丈夫でしょ!」と思ったスカート・パンツで、まったく履けなかった記憶があります。

しかもそれが、1人で試着室に行くなら良いのですが、先に店員に声を掛けるタイプなら、恥ずかしい気持ちも出てくる可能性があります。

私が実際にあった、先に店員に声を掛けるタイプのケースだと……

 

私:「ゆったりしたスカートなのに、上手く履けないよ(小声)」

店員:「お客様、履けましたでしょうか?(カーテンの向こうから)」

私:「えっ、えっと、まだ履けてなくて……」

店員:「そうですか、何かあれば声を掛けて下さい」

私:「はい、すみません(このスカート、太ももで引っかかる)」

店員:「お客様、どうでしょうか?(すぐに声を掛けてきた)」

私:「あ、えっと、サイズがちょっと……」

店員:「大丈夫ですか?」

私:「そのですね、サイズが、サイズが合わなくて!!(このとき何度も声を掛けられて、焦って恥ずかしくなる)」

店員:「そうでしたか、また何かあれば声を掛けて下さい」

私:「はい、すみません」

その後、試着室から出て、何も買わずに出ました。

 

先に店員に声を掛けて試着するタイプは、必ず店員が近くにいるので、「どうですか?」と話しかけられてしまいます。

そのため、自分のペースで試着することができません。

しかも試着して履ければ良いけれど、太ももで引っかかって履けないという悲しさ……。

ただ私のケースだと、かなり声を掛けられたので、余計に焦ってしまったというのもあり、悲しさと同時に恥ずかしさもありました。

でも嫌な思いをするのは、その時だけなので、「次は自分に似合うアイテムをゲットするぞー!」って前向きに考えたほうが良いです。

だってそのほうが、気分的に良いですし。

 

今回は、私が試着するときの話でしたが、ぽっちゃりさんならよくあることではないでしょうか?

悲しかったり、ショックを受けたり、恥ずかしくなったり、試着するだけでも大変ですけど、自分に合うファッションアイテムを探しているわけですから、何があってもおかしくはないです。

でもまあ、本当はスッとすぐに購入できるのが理想ですけど、それができたら苦労はしないですよ。

やはりファッションは、楽しいけれど難しい、簡単には極められないテーマですね。

 

通販であれば、大きいサイズがあるソウルベリーがイチオシ!

 

試着はできませんが、品質が良くて可愛いアイテムがたくさんあります。

ファッション通販の中でも、私が大好きなショップです♪

少しでも興味があれば、調べてみて下さいね。

-ぽっちゃり女子の体験記

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.