ぽっちゃりが似合うストッキングとは?!覚えたい3つのこと

更新日:

ぽえみです。

女性にとって、ストッキングは色んな場面で履くアイテム。

カジュアルからオフィスまで、欠かせないですよね。

でもぽっちゃりさんだと、「脚が太いから、どんなのが似合うのかな……」って思うことはありませんか?

そこで、太っている方が覚えておきたいストッキングのポイント・ぽっちゃりさんに似合うショップを紹介します。

▼目次

ぽっちゃり&ストッキングの組み合わせについて

ぽっちゃりさんとストッキングは、「絶対にダメ!」という組み合わせではありません。

むしろ上手に合わせることで、綺麗に脚を見せられます。

また素肌が苦手なら、ストッキングを使うという方法もありますから、便利なアイテム。

ただ、黒ばかり使う・数字が大きいデニールを履くなどをしてしまうと、よけいに太って見えて台無しに!

ストッキングには、色・長さ・デニールと色々ありますので、無暗(むやみ)に探すのではなく、ぽっちゃりさんに似合うアイテムを選んだほうが良いのです。

「太い脚だからストッキングは無理!」と考えず、1つずつ上手く使えるように解決していきましょう。

ストッキングの特徴を理解しよう

ぽっちゃりさんがストッキング履く場合、特徴を理解しておくことが必須です。

どういう特徴かというと、

  • 黒は細く見えるが、強調される
  • 黒のデニールは、60~80ぐらいが良い
  • ベージュは膨らんで見えるが、清潔で女性的
  • 昼と夜で見え方が変わる

上の4つです。

ストッキングといえば、黒・ベージュの2色が中心。

黒のほうが引き締め効果はありますが、その分強調されやすくなるのです。

さらに、デニールの数字を大きくしてしまうと、分厚くて太く見えます。

そのため、黒を使うならデニールに気をつけるようにしましょう。

ベージュのストッキングは、黒のようにキュッと引き締めるわけではありませんが、自然な肌色で清潔に見えます。

つまり、脚をスマートな印象にさせるのです。

そしてストッキングは、昼と夜で見え方が変化するのを覚えておきましょう。

なぜかというと、昼の明かりはベージュと同じような色なので馴染みます。

しかし、黒のストッキングを履くと、逆に強調されて目立つ。

だから……

昼なら、ベージュのストッキングのほうが綺麗に見える

夜なら、黒のストッキングのほうが綺麗に見える

このように変わるのです。

明るさによって、色を変えるテクニックですから、あなたが出かける時間帯に合わせてやってみて下さいね。

上記の特徴を活用しながら、太い脚をスラッと見せるように意識しましょう。

太っているから知っておきたい大切なこと

ムチッとした脚のぽっちゃりさんに、細い脚に見せるための知っておきたい大切なことを紹介します。

まずは、分かりやすいように下記にまとめました。

  • 柄があれば良いわけではない
  • 膝下ストッキングも使えるアイテム
  • 生足とストッキングで悩むなら、ストッキングを選択

これらがポイントになります。

可愛い柄だからといって、ぽっちゃりさんに全て合うわけではありません。

特に大きい柄にしてしまうと、太い脚で強調されてしまうので、細かい模様やデザイン・無地にしましょう。

他にも、キラッとしたラメ入りならOK!

また、膝下ストッキングというのは、太ももとふくらはぎでメリハリができます

「ストッキングの締めつけ感が苦手……」という方は、使ってみると良いですよ。

ぽっちゃりさんの中には、「生足のほうが綺麗に見えるのでは?」と思っている方もいるはず。

確かに、ストッキングと比べると生足のほうが綺麗です。

しかし太い脚だと、プルンプルンと動いてしまい、引き締まってはいません。

そのためストッキングを履いて、引き締まった脚にしたほうが、より綺麗に見えるのです。

だから悩んでしまったら、ストッキングを選択するのがベスト!

ぜひ大切なことを忘れないようにして、あなたのコーディネートに組み合わせて下さいね。

ストッキングを探すならタビオ

ストッキングを探すなら、日本製を揃えている靴下専門店のタビオが良いでしょう。

 

理由は、5本指や加圧&着圧ストッキングなど種類が豊富・デザインが選べる・パーティー用のストッキングを取り扱っているため。

お出かけや仕事で使えて、お呼ばれしたときにも利用できますから、大変便利です。

またタビオの通販から探せば、ネット限定商品もあるため、他の人とは違うオシャレなコーデが可能!

専門店のタビオで、あなたの脚を綺麗に見せるストッキングを履いてみませんか?

-服飾雑貨のネット通販

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.