洋服屋などのお店の人と話すことについて

更新日:

ぽえみです。

今回は、洋服屋などのお店の人と話すことについてです。

最近は声を掛けられなくなった

昔は、店に入って洋服を見ていたらすぐに「何かお探しですか?」と声を掛けられたので「はい、そうです」と返事していたのを思い出します。でも最近だと「いらっしゃいませ」という挨拶は聞こえてもこちらに話すことが少なくなった気がするんです。お店にもよるのでしょうけど、あまり声を掛けられても私は驚いてオドオドしてしまうタイプなのでホッとしますね。

個人的には、まずゆっくりと商品を見たいので初めは挨拶だけしてもらえるとありがたいです。でも商品を探したい時など、分からないことがあれば聞きに行くこともありますよ(^_^)

自分に合う靴が無い時に起こったこと

これは靴屋さんであったことですが、なかなか自分と合うサイズの靴が見つからないためにお店の人に探してもらうことにしました。

何回も色んな靴を履いてみましたが、ちょうど良い靴が見つからないまま1時間以上も経っていました。それでもお店の人は、根気よく私の為にお店の中にある靴を出しては片づけるということをしてくれました。

そしてお店の人は「インソールをつけてみては?」と話してくれました。それまでインソールを使ったことが無かったので、使う機会もないだろうと思っていました。でも実際つけてみるとインソールのおかげでやっと靴のサイズが合いました。

サイズが無いと思っていたら、1つ付け足すと自分が欲しかったサイズになることもあるということが分かりました。そして、真摯に取り組んでくれたことにも感謝しています。今では私のお気に入りの靴です。

以上、洋服屋などのお店の人と話すことについてでした。

-ぽっちゃり女子の体験記

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.