ぽっちゃりはNG!失敗するファッションコーディネート4つのルール

更新日:

ぽえみです。

普段、自分が着こなすファッションが間違っていると思うことはありませんか?

実は気付いていないだけで、本当は失敗した方法で洋服を着ているかもしれません。

そしてそのまま間違えたまま・分からないままだと、せっかくのオシャレが台無しに!

ついやってしまいがちな4つのルールを見直し改善して、『大人可愛いぽっちゃりさん』にステップアップしましょう。

スポンサーリンク

▼目次

大きすぎる洋服ばかり着る

大きすぎる体型をカバーする為に、大きいサイズの洋服を着て隠そうとする。

このような考え方をする方、それはNGです。

カバーしたいが為に、自分の体型よりも余裕がある洋服を着ることで全身のボリューム感が増加。より太っている様に見えてしまいます。

それではどうするべきか?

 

縦ラインを作って、ほっそり見せる

ぽっちゃりの体型をカバーする時に重要なのは『長方形』です。

縦に長い形とラインを作ることで、ぽっちゃりさんにある膨張した丸みをカバーすることが出来ます。

そのため、カバーする際に着ると良いのは『ロングカーディガン』・『ロングジャケット』といった長めの羽織りものなのです。

特に長いカーディガンを羽織る時、トップスの位置は腰あたりにするとgood!

ショートの場合は、正方形になってしまうので、なるべくロング意識して下さいね。

 

カジュアルすぎてだらしない印象へ

カジュアルというのは、楽ですよね。ですが、Tシャツ・スウェットなどのカジュアルなファッションばかりを着ているとぽっちゃり体型には、だらしなく見える効果が出てしまいます。

その為、カジュアルなアイテムは着方を間違えるとルーズな印象を与えてしまうので注意しましょう。

では、改善するべきポイントは何か?

 

色を組み合わせてコーデする

コーデをする際、単色で上下が同じ色になることはありませんか?

着る時には楽かもしれませんが、それは自分を太って見せてしまうことになります。

ポイントはモノトーン(黒・白)などの様に色の切り替えをつけること!

トップスであれば、赤のような鮮やかな色を取り入れると◎。

原色なら、よりメリハリ感が強く出ます。

緩急をつけるようにすれば、印象が変わってきますよ。

 

肌の隠し過ぎで重く見える

ぽっこりお腹や見せたくない太ももなどを隠すために、長袖・ロングスカートと全身を隠すのはNG!

もし暑い季節の夏でもやっているなら、それは避けるべきです。

肌を隠すということは、洋服の面積を広げてしまうので『重量感』が増します。つまり、重たい印象を与えてしまうのです。

それでは『重量感』を無くすにはどうするべきか?

 

隠す所・見せる所を作る

全てを隠すと自分の体重よりも太って見えるので、隠す部分・見せる部分を分けましょう。

見せる部分のポイントは、脂肪がつきにくい『手首』や『足首』。

つまり、足首が見えるクロップド丈やロールアップ(裾を巻き上げること)すれば良いのです。

足首が見えるだけでも、雰囲気が変わります。

難しくはないので、すぐに実践可能ですよ。

 

ぴったりした服装で太って見える

覚えて欲しいのは、痩せている時のコーデ・太ってしまった時のコーデでは違いがあります。

そしてそのまま体型のことは考えず、コーデを続けてしまうと太って見えて、年齢より老けて見えるということも!

ではどういったコーデをするべきなのか?

 

目線が上!全体を散らすようにする

ぽっちゃりさんの体型で間違ったファッションをしているとのっぺり感があり、重心が下にあります。

これらはアクセサリーなどで視線を上げ、引きつけることで改善することが可能。

特にビジュー付きのトップスであれば、アクセサリーをつける必要はないので便利です。

首元にあるだけでものっぺり感は無くなります。

キラキラと輝く飾りは、オシャレだけでなくスタイルアップもしてくれるのです。

 

4つの失敗をしても、直すことは出来るのでどんどんトライしていきましょう!

これで貴方もおしゃれの仲間入りです♪

-ぽっちゃりさんのコーディネート術

Copyright© ぽっちゃり女子STYLE , 2018 AllRights Reserved.